大曲の花火大会ツアー@大阪発着・関西発着なら について


大阪・関西発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!

まだ間に合う!?阪急交通社で【大曲の花火ツアー】をスグ探す!(クリック)
大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万人が集まるという非常に特殊な観光スポット。 ですので、ほかの観光地と同じ感覚だと苦労することも。

宿泊先も電車も超満員。花火終了後のJR大曲駅前には乗車待ちの長蛇の列が風物詩のように毎年できます。 道路だって、ものすごい渋滞。 駐車場探しも大変で、離れた駐車場の場合、会場まで2時間以上歩くことだって珍しくないです。 苦労して到着しても、花火の開始に間に合わなかった・・・という場合も。

大曲の花火

(そうやって苦労しても、何度も来てしまう魅力が「大曲の花火」にはあります。
 当日、花火大会会場は、たくさんの歓声と拍手で盛り上がります。)

そんな大曲の花火こそ、ツアーを利用するのが一番です。

初めての人にも、常連さんにも喜ばれてます。

大曲の花火を理解しつくしたプロが計画してますし、手軽な上、おまかせで、しかもリーズナブルです。

大曲の花火ファンご用達の大阪発・関西発「大曲の花火」ツアー探し、こちら(↓)でどうぞ! 人気の「大曲の花火」、売切れに注意です。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑


阪急交通社HPでのツアー探しは、「TOPページ」→「国内旅行」→「関西発」→「東北」→「『花火』で検索」の順の操作で大曲の花火ツアーが見つかります。


関西発着・大阪発着の「大曲の花火大会」ツアーいろいろ

ツアーをいくつかピックアップします。 伊丹空港と仙台空港間を飛行機で移動して、仙台からバスツアーとなるのが一般的です。

大曲の花火当日出発か前日出発の3日間のコースが一般的です。

コースよって、宿泊先や巡る観光地が違います。

どのコースも北東北の魅力的な観光スポットが用意されていて、選ぶのに困っちゃいそうです。

例えば、平泉の中尊寺(義経ゆかりの人気の古刹・金色堂など)は定番の一つです。

中尊寺金色堂

ほかには、日本三景のひとつ松島、角館(みちのくの小京都)、田沢湖(辰子姫の像)、秘湯・乳頭温泉郷、十和田湖、奥入瀬渓流、酸ヶ湯温泉(青森の秘湯)などなど。コースによってそれぞれ楽しめそうです。

宿泊先は、田沢湖高原温泉や鶯宿温泉、安比など。 大曲からは多少離れていても、バスに乗れば休めますし、寝ててもいいのですからね。

観光スポット

コースは見直される場合や、追加される場合もありますので、旅行社サイトでチェックしてみましょう。

とにかく、「大曲の花火」とともに北東北を満喫できるツアーが用意されてます。 選ぶのが難しいくらい楽しめそうです。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




アクセス@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

2006年は祝80回記念@大曲の花火
大曲の花火も祝80回2006年の大曲の花火は、祝80回目ということで、開始早々7号玉80発打ち上げられました。空もまだやや明るいうちからの連発の花火。 最.....

旅行者・有名人@大曲の花火
来る人いろいろ@大曲の花火大曲の花火は、一応全国的に知られた有名な花火大会です。ですのでそして、大曲の花火大会には、もの.....

大曲の花火のチケット入手@2009!販売方法がまた変更!
2009年も別方式2009年のチケット販売の方法は、2008年とも従来とも違う方法でした。方法は3つ。(1)抽選会場に行く(2)電話受付(3.....

大曲の花火について
人、人、人、・・・大曲もこの日(「大曲の花火」当日)ばかりは、いつもの平穏なただの地方の市ではなくなります.....

無料で見られる一番いい場所@大曲の花火
桟敷席(A席)背後の無料スペース@大曲の花火桟敷席(A席)背後と露店の間のスペースは、早い者勝ちの無料の観覧スペースです。ここ.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved