大曲の花火と雨≫大曲市から大仙市≫・・・などなど雑談 について


大曲の花火と雨
大曲の花火では多少の雨では延期・中止しません。どしゃ降りの中上がる花火を見たこともあります。雨の中の花火観覧は結構大変です。傘をさすと回りの迷惑ですし、しかも花火がよく見えません。雨合羽を着て花火観覧をするのですが、花火大会は長いので寒くなったり大変です。せっかくの大曲の花火はいい天気で見たいものです。

大曲市から大仙市
大曲市という名前は、市町村合併によって消えました。市町村がっぺによってできた市は大仙市となりました。大曲の花火ファンとしては、市の名前から大曲という言葉が消えたのが、いまだに残念です。でもその一方で、市町村合併によって、昔は大曲じゃなかった場所も全部大曲市になってしまうのも、変な感じですので良かったのかも知れませんね。

大会提供花火
大曲の花火で一番の見せ場は、大会提供花火です。大会提供花火は他では見る事ができない、花火の量とスケールです。量的にものすごいにも関わらず、ひとつひとつの花火もきれいです。大会提供花火は毎年見ても絶対飽きないですし、テレビじゃなく生で見たいところです。

昼花火
大曲の花火では昼花火と呼ばれる、明るい中で打ち上げられる花火をやります。昼花火は結構珍しいですね。夜の花火ほど迫力はありませんが、きれいな花火も楽しむことができます。昼花火はおもに煙を使ったものが多いです。赤青黄など、いろいろな色の煙が、空に広がるのでした。

大曲は花火の街
大曲は花火の街です。旧大曲市街地には花火にちなんだ写真や絵が、あちこちにいっぱいあります。マンホールの蓋も花火の絵柄です。100円バスの絵柄も、花火にちなんだものです。いたるところに花火を見かけますし、そして、何かあるたびに花火が打ち上げられます。大曲は花火の街です。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




一口雑談@大曲花火


ピックアップ情報@大曲の花火

トイレ事情@大曲の花火
たくさんあるけど行列大曲の花火の日になると、大曲の花火大会の会場にはたくさんのトイレが設置されます。ものすごい数の仮設ト.....

雨の2002年2003年@大曲の花火
どしゃ降り・稲光も毎年何十万人という人が訪れる大曲の花火だから。大抵のことでは中止になりません。 というか.....

大曲の花火のチケット入手@2008!販売方法が変わった!
地元大曲でも難しい大曲の花火の桟敷や観覧席のチケットは、なかなか入手が困難です。地元大曲に住んでいても、簡単には手に入りません。販売日は平日(20.....

移動しやすく楽しめる場所@大曲の花火
支川・丸子川の土手で@大曲の花火大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が.....

自動車で来るなら@大曲の花火
年に一度の大渋滞大曲の花火に自動車でくる人も、ものすごく多いです。ちなみに、旧大曲市の人口が4万人程度ですが、大曲の花火.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved