花火の場所取り≫大会提供だけでも河川敷で≫・・・などなど雑談 について


花火の場所取り
大曲の花火会場は有料の桟敷や観覧席の外、無料で見られるスペースもあります。年々、無料で見られる場所は狭くなっていますが、朝から場所取りをすれば、その場所にシートを敷いて座って見る事ができます。でも、多くの人がその場所に来るので、密集した状態になりますが、そこから見る花火は有料席と同じくらい迫力がある花火です。

大会提供だけでも河川敷で
大曲の花火会場に着くのが遅れて、観覧する場所が見つからない場合、会場から少しはなれた空き地や土手で見ることになりますが、大会提供花火だけは会場の河川敷に行って見たいですね。やはり、近くで見ると迫力が違います。大会提供花火は広い範囲で打ち上げられるので、離れていても凄いですが、会場で見るとその凄さは倍増です。

通路も徐々に狭くなって・・・
大曲の花火には大勢の人が集まりますので、会場が狭いくらいです。後から来た人たちが、花火を見るために場所をとろうとして、だんだん通路にはみだし、通路が狭くなっていきます。交通整理をする係員がはみ出した人に注意して動いてもらうので、通路は確保されますが、係員も大変ですね。

昼花火
大曲の花火では昼花火と呼ばれる、明るい中で打ち上げられる花火をやります。昼花火は結構珍しいですね。夜の花火ほど迫力はありませんが、きれいな花火も楽しむことができます。昼花火はおもに煙を使ったものが多いです。赤青黄など、いろいろな色の煙が、空に広がるのでした。

河川敷からあぶれた人たち
大曲の花火の会場である河川敷に、場所を確保できなかった人たちは、河川敷周辺の空き地や土手の斜面に場所をとり、花火を観覧しています。少し離れた場所でも、大曲の花火を見ている人たちで、ものすごく賑やかになります。人の多さにビックリしてしまいますよ。



「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




一口雑談@大曲花火


ピックアップ情報@大曲の花火

2010年は100周年記念@大曲の花火
100周年の大曲の花火大曲の花火はなんと100周年。この100年間の間には戦争もあり、戦後の復興や、高度経済成長、バブル崩壊と様々なことが起.....

大曲の花火を見に来て大曲で出産?
大曲の花火で生まれた赤ちゃん?大曲の花火を見に来ていた妊婦さんが、花火観覧中の陣痛により大曲で出産したという、おめでたいという.....

大曲の花火の観覧スポット
大曲の花火は、ココで見よう!あたりまえですが、大曲の花火を一番良く見られる場所は、有料の桟敷席や観覧席ですね。でも.....

持ち物選びのポイント@大曲の花火
とにかく歩く大曲の花火を会場またその周辺で観覧するなら、「長い距離を歩く」ということを忘れてはいけません。(もちろん、どれほど長く歩くことになっても、「大.....

大曲の花火大会ツアー@東京発着・関東発着なら
東京発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、大会当日の1日限定で数十万人が集まるという非常に特殊な観光ス.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved