管理人紹介 について


ようこそいらっしゃい

管理人は、大曲の花火の地元、大仙市に住んでいる2児のパパ・ママです。

(市町村合併で、残念ながら「大曲市」という名前が姿を消し、現在は「大仙市」です。ちなみに、「大曲市」という名前は消えましたが、「大曲」という地名は、旧大曲市街地周辺の地名として残っています。)

さてさて、管理人は大曲の花火が大好きです。 ほぼ毎年、大曲の花火を見てます。 ある年は桟敷で、またある年は早朝から場所取りをして、また、どしゃ降りの中の大曲の花火も見ましたし、洪水で延期になった大曲の花火も見ました。

毎年行われる「大曲の花火」ですが、「大曲の花火」を見て毎年思うのは、「大曲の花火が一番」ということですね。泣けます。感涙です。テレビでも放送していますが、テレビではこの感動はきっと伝わりません。大曲の花火はやはり、会場が一番です。

今でこそ、花火大好きですが、ママのほうは小さい頃は、花火が怖くて仕方がなかったです。 今とは違う理由で、花火で泣いていました。
(今は感動して泣きますし、昔は怖くて泣いていました。ちなみに、遺伝のせいか、息子も花火は大好きなのに、花火大会の生の花火は怖くて泣きます。)


あまり関係ないですが、男鹿での写真です。(↓)

男鹿にて


サイトについて


ピックアップ情報@大曲の花火

雨の2002年2003年@大曲の花火
どしゃ降り・稲光も毎年何十万人という人が訪れる大曲の花火だから。大抵のことでは中止になりません。 というか.....

大曲の花火を見に来て大曲で出産?
大曲の花火で生まれた赤ちゃん?大曲の花火を見に来ていた妊婦さんが、花火観覧中の陣痛により大曲で出産したという、おめでたいという.....

大曲の花火のチケット入手@2008!販売方法が変わった!
地元大曲でも難しい大曲の花火の桟敷や観覧席のチケットは、なかなか入手が困難です。地元大曲に住んでいても、簡単には手に入りません。販売日は平日(20.....

大曲の花火の観覧スポット
大曲の花火は、ココで見よう!あたりまえですが、大曲の花火を一番良く見られる場所は、有料の桟敷席や観覧席ですね。でも.....

移動しやすく楽しめる場所@大曲の花火
支川・丸子川の土手で@大曲の花火大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved