管理人紹介 について


ようこそいらっしゃい

管理人は、大曲の花火の地元、大仙市に住んでいる2児のパパ・ママです。

(市町村合併で、残念ながら「大曲市」という名前が姿を消し、現在は「大仙市」です。ちなみに、「大曲市」という名前は消えましたが、「大曲」という地名は、旧大曲市街地周辺の地名として残っています。)

さてさて、管理人は大曲の花火が大好きです。 ほぼ毎年、大曲の花火を見てます。 ある年は桟敷で、またある年は早朝から場所取りをして、また、どしゃ降りの中の大曲の花火も見ましたし、洪水で延期になった大曲の花火も見ました。

毎年行われる「大曲の花火」ですが、「大曲の花火」を見て毎年思うのは、「大曲の花火が一番」ということですね。泣けます。感涙です。テレビでも放送していますが、テレビではこの感動はきっと伝わりません。大曲の花火はやはり、会場が一番です。

今でこそ、花火大好きですが、ママのほうは小さい頃は、花火が怖くて仕方がなかったです。 今とは違う理由で、花火で泣いていました。
(今は感動して泣きますし、昔は怖くて泣いていました。ちなみに、遺伝のせいか、息子も花火は大好きなのに、花火大会の生の花火は怖くて泣きます。)


あまり関係ないですが、男鹿での写真です。(↓)

男鹿にて


サイトについて


ピックアップ情報@大曲の花火

大曲内の花火素材をデジカメで【ハント】しよう!
大曲市街地に隠れた数々の花火素材!「花火の街」大曲には、数々の花火が隠されておるのじゃ。そんな花火たちを、デジカメでハントせよ!参考までに花火のありかのヒ.....

キャンプ組に好まれる場所@大曲の花火
支川・丸子川の対岸から@大曲の花火大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が流れ.....

大曲の花火バスツアーで!
手軽・リーズナブルのバスツアー@大曲の花火大曲の花火、初めての人にも、常連さんにもバスツアーが喜ばれてます。もともとは人の多く.....

大曲の花火大会ツアー@大阪発着・関西発着なら
大阪・関西発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万.....

2006年は祝80回記念@大曲の花火
大曲の花火も祝80回2006年の大曲の花火は、祝80回目ということで、開始早々7号玉80発打ち上げられました。空もまだやや明るいうちからの連発の花火。 最.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved