~大曲の花火について~


大曲の花火開始前の会場状況

人、人、人、・・・

大曲もこの日(「大曲の花火」当日)ばかりは、いつもの平穏なただの地方の市ではなくなります。

なんせ大曲周辺部の人口が普段の10倍以上に膨れ上がる日です。

都会に人がいっぱいいるのは当たり前ですが・・・普段は数万人の地域に、局地的に数十万人の人々が、大曲の花火が開催される数時間をめがけて、集まってきては解散していきます。

怒涛のような人の流れと、局地的な人、人、人、・・・

交通も、宿泊施設も、毎年当然のようにパンク。

ホテルや旅館が確保できず、キャンプや花火終了直後に帰り路につく人も、ものすごい数です。 

そのため花火終了直後から始まる渋滞は半端ないです。渋滞に迷い込もうものなら、ピタリと動けなくなることも。

大曲駅発の電車もものすごい満員です。

花火後の渋滞と混雑

それほどの混雑を体験しても、何度でも足を運んで見に来てくれるファンの方も多い「大曲の花火」。

都会とは一味違う、よけいな明かりが少ない真っ暗な夜空に上がる、しかもスケールの大きい花火。 そして広い花火会場が歓声や拍手で沸く状況。 もう癖になります。

どうして、大曲の花火はそんなに人気なのでしょうか?

それは、花火の規模はもちろんですが、それだけではないです。

大曲の花火は「全国花火競技大会」という名前がついていて、全国の花火師さんが技を競う競技会です。

一つ一つの花火が、選りすぐりの花火師さんの自慢の技やセンスが織り込まれた作品です。

量・質ともに高いということが、「大曲の花火」の特徴であり、自慢です。

花火の質・量

そして、これだけの人が集まってくる大きなイベントだから、大概のことでは中止しません。 というか、中止できません。

どしゃ降りでも花火は、当然のように決行です。

どしゃ降りの中の花火って、想像できます? 寒くて、面倒だけど、それでも多くの人が最後まで見てしまう大曲の花火です。

花火の合間に、同じ夜空に稲光が走った年も。 本当に絵に描いたようなどしゃ降りの中の花火は、逆にある意味、珍しいですよね。

大曲の花火@競技会

「大曲の花火」は、全国花火競技大会という、全国の花火師さんたちが、日本一を目指して競う、花火の競技大会です。

花火競技大会は、「昼花火」、「10号割物花火」、「創造花火」の3部門です。そして、「創造花火」と「10号割物花火」を総合的に審査して最も優れた花火の花火師さんには「内閣総理大臣賞」が贈られます。

花火競技大会では、全国の選び抜かれた花火師さんたちの、素晴らしい、花火を楽しむことができます。


大曲の花火@メインイベント

「大曲の花火」の一番の注目は、「大会提供花火」!!!

「大曲の花火」を見に来たら、絶対「大会提供花火」だけは見逃せません!!トイレなんかは、二の次です!!

「大会提供花火」のスケールと迫力には、・・・・・もう言葉がありません!!とにかく、生で見ないことには、この感動は伝わらないでしょうね。

打ち上げられた花火が、視界に納まらないんです。

この「大会提供花火」を初めて見る人は、感動をさらに超えて、・・・それはもう、ものすごいショックを受けると思います。

会場内の拍手や歓声もまさにクライマックス。

何度見ても「大会提供花火」の感動は薄れることがないです。


大会提供花火写真におさらず

大曲の花火はテレビでも放送

「大曲の花火」はテレビでも放送されています。
例えばNHKのBS hiビジョンなどで中継されています。
過去の放送を少し紹介すると・・・
・NHK BS hiビジョン生中継2006年8月26日(土)19:30~22:00
・NHK BS hiビジョン生中継2007年8月25日(土)19:00~21:45
・NHK 録画2007年9月 日(土)


「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




大曲の花火のキホン


ピックアップ情報@大曲の花火

持ち物&NG品@大曲の花火
大曲の花火を楽しむために、「必要なもの」、「状況によって必要なもの」、「あったら便利なもの」、「持って行っても意味がない(NG)なもの」を解説しま.....

大曲の花火大会ツアー@仙台発着なら
仙台発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万人が集まるという非常に特殊.....

トイレ事情@大曲の花火
たくさんあるけど行列大曲の花火の日になると、大曲の花火大会の会場にはたくさんのトイレが設置されます。ものすごい数の仮設ト.....

雨の2002年2003年@大曲の花火
どしゃ降り・稲光も毎年何十万人という人が訪れる大曲の花火だから。大抵のことでは中止になりません。 というか.....

大曲の花火のチケット入手@2008!販売方法が変わった!
地元大曲でも難しい大曲の花火の桟敷や観覧席のチケットは、なかなか入手が困難です。地元大曲に住んでいても、簡単には手に入りません。販売日は平日(20.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved