ゴミ捨て場事情@大曲の花火 について


ゴミは持ち帰ってはいけない!

普通よく耳にするのは、「ゴミは持ち帰りましょう」ですよね。

でも、大曲の花火の場合「ゴミは持ち帰らないで!」です。

会場やその周辺にたくさんのゴミ捨て場が設置されてるので、そこに捨てましょう。

どうして、持ち帰ったらいけないのか?

多くの人が会場から長い距離を歩くことになります。 しかも荷物を持って。

1、2時間歩くという人も全然珍しくないです。

そんな帰り路、わざとじゃないにしても途中でゴミを落とされると困るからです。

ゴミ捨て場

もちろんゴミ捨て場が近くにないような場所で観覧していた人は、自分のゴミはちゃんと持ち帰りましょう。

マナーが大事

大曲の花火大会では、観覧者のマナーに関係した、ゴミや騒音の問題が出ているようです。

一部の観覧者のマナーによって、ゴミや騒音の問題が出て、周辺住民の苦情が大きくなったりすると、その後の大曲の花火大会の運営に影響がでるかもしれません。

素晴らしい大曲の花火が、素晴らしい花火大会のまま、毎年継続されていくためには、観覧者一人ひとりのマナーや協力も大切なのかもしれませんね。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




準備心得@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

大曲の花火のチケット入手@2008!販売方法が変わった!
地元大曲でも難しい大曲の花火の桟敷や観覧席のチケットは、なかなか入手が困難です。地元大曲に住んでいても、簡単には手に入りません。販売日は平日(20.....

大曲の花火の観覧スポット
大曲の花火は、ココで見よう!あたりまえですが、大曲の花火を一番良く見られる場所は、有料の桟敷席や観覧席ですね。でも.....

移動しやすく楽しめる場所@大曲の花火
支川・丸子川の土手で@大曲の花火大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が.....

持ち物選びのポイント@大曲の花火
とにかく歩く大曲の花火を会場またその周辺で観覧するなら、「長い距離を歩く」ということを忘れてはいけません。(もちろん、どれほど長く歩くことになっても、「大.....

自動車で来るなら@大曲の花火
年に一度の大渋滞大曲の花火に自動車でくる人も、ものすごく多いです。ちなみに、旧大曲市の人口が4万人程度ですが、大曲の花火.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved