電車で来るなら@大曲の花火 について


年に一度の超満員

大曲の花火に、電車を利用して訪れる人は多いです。

大曲の花火大会の日は、臨時の電車が何本も出ています。 それでも、電車は超満員状態。

普段はただの地方の街なのに、その日だけは地域の10倍を軽く超える人たちが集まります。

電車だけではなく、駅もパンクします。

ですので、駅には臨時の出口が特設されます。 トイレも特設されます。

何もかもが、年に一度の超満員に備え、特別体制で臨んでます。

乗客が、できるだけスムーズに電車に乗り降りできるように、駅構内と駅前を改造します。

それでも、大曲の花火が終わった後には、JR大曲駅の前は、乗車待ちの人たちの行列が、びっくりするほど長くつながってます。

来る時より、帰りのほうが時間が集中しやすく、特に大曲の花火の「大会提供花火」が終わった直後から混雑のピークが始まります。

そんな光景を見ると、大曲の花火大会のすごさを、再認識するのでした。

大曲駅 → 大曲の花火大会会場

大曲の花火に電車で来た人たちは、大曲の花火大会の会場まで徒歩で移動します。

時間にして、だいたい20~30分くらいです。

大曲駅から、花火大会の会場への道は、いろいろ掲示されていますし、花火大会会場へ向かう人の流れができていますので、花火大会の会場までは迷うことは、ほとんどないでしょう。

迷子になるとすれば、花火大会の会場内のほうですね。とにかく人が多いですので、気を抜くと、一緒にいた人と、はぐれてしまうこともあります。

ちなみに迷子になっても、携帯電話はあまり当てにできません。 普段の大曲の人口の、十倍を遥かに超える人たちが、集まっていますからね。

事前に、逸れたときの集合場所を、決めておいたほうがいいです。

花火大会の会場にはそれ用に、目印になるものが用意されていますので、会場に着いたら、確認しておくことが大事かもしれません。

大曲の花火大会会場 → 大曲駅

大会提供花火後の人の流れ

大曲の花火では、メインイベントの大会提供花火が終わると、多くの人たちが会場をあとにします。

花火自体は続いてますし、最後には感動のフィナーレも控えてます。 でも最後まで見ると、電車で帰るのは厳しいかな・・・

大曲駅に向かう帰りは、来た時と比べられないほど、込み合った中を歩くことになります。

ですので、歩き難いですし、来たときよりも、時間が多くかかります。

暗さや疲れなどもあり、一緒に来た人と逸れやすいので注意が必要です。

電車もいいけど、実はバスツアーがおススメ

大曲の花火は、実はバスツアーが人気です。

宿泊、交通手段、桟敷席もそろって、リーズナブルに楽しめるバスツアーがけっこうあります。

電車なら会場から駅まで30分ほど歩いて、電車に乗るための長い長い列に並びます。そして電車に乗ったら超満員。 バスツアーなら、その頃バスの中でゆっくり一休みできてるかも。

バス用の駐車場って、結構会場付近にもあります。 バスの駐車場が遠い場合でも、バスにさえつけば、ゆっくり休むことができます。

今年は、桟敷席つきのバスツアーを検討してみては?

コチラ(↓)のバスツアー、おススメです。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




アクセス@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

大曲の花火まで待ち時間も有意義に@花火セミナー
花火鑑賞士による花火セミナー@大曲の花火当日大曲の花火は、できるだけ早く大曲に来るのが混雑を避けるコツ。とはいえ大曲に早く着いたところ.....

2006年は祝80回記念@大曲の花火
大曲の花火も祝80回2006年の大曲の花火は、祝80回目ということで、開始早々7号玉80発打ち上げられました。空もまだやや明るいうちからの連発の花火。 最.....

旅行者・有名人@大曲の花火
来る人いろいろ@大曲の花火大曲の花火は、一応全国的に知られた有名な花火大会です。ですのでそして、大曲の花火大会には、もの.....

大曲の花火のチケット入手@2009!販売方法がまた変更!
2009年も別方式2009年のチケット販売の方法は、2008年とも従来とも違う方法でした。方法は3つ。(1)抽選会場に行く(2)電話受付(3.....

大曲の花火について
人、人、人、・・・大曲もこの日(「大曲の花火」当日)ばかりは、いつもの平穏なただの地方の市ではなくなります.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved