移動しやすく楽しめる場所@大曲の花火 について


支川・丸子川の土手で@大曲の花火

位置図

大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が流れています。

この丸子川の土手(堤防)沿いも、一般観覧者の多く集まるところです。

この場所なら、当日の午後以降に大曲に到着しても確保できるでしょう。

花火大会の会場に近い、雄物川の河川敷が人でいっぱいになる頃から、この場所を確保する人たちが増えてくるようです。

少し花火大会の会場からは離れますが、この丸子川の土手から見る花火も、意外にいいです。十分、大曲の花火を楽しめます。(低い花火など、一部の花火は見えませんが・・・)

支川の丸子川の堤防

花火が始まると、この場所もすごく混みますが、花火大会の会場ほどの混雑ではないですので、小さい子供を連れた人や、人ごみが嫌な人には、いい場所かもしれません。

さらに、電車で来た人にとっては、花火大会の会場よりも大曲駅に近いので、歩く時間が短くて済みます。ということで、花火大会の会場までいった場合よりも、長く花火を観覧できますね。

場所取りの注意点

大曲の花火をこの場所から見るために、場所確保で気をつけたいのが、電柱や木、建物です。実際にその場所に座ってみると、分かりますが、ほんの数メートル違うだけで、見え方がかなり違ったりします。

周りは混んでいるのに、不思議と人が少ないスポットを見つけたりします。そんな場所は、木や電柱が邪魔になる場所だったりします。先に着いた人は、よく見て場所をとっています。

電柱が視界に入る場所

大曲の花火を楽しむために、いい場所を確保するには、少しでも早く大曲に到着することがポイントですね。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




観覧スポットと注意点@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

自動車で来るなら@大曲の花火
年に一度の大渋滞大曲の花火に自動車でくる人も、ものすごく多いです。ちなみに、旧大曲市の人口が4万人程度ですが、大曲の花火.....

大曲の花火大会ツアー@名古屋発着・中部国際空港発着なら
名古屋発着・中部国際空港発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大.....

前夜祭&前々夜祭構想!?@2010年100周年大曲の花火
100周年だから前夜祭、そして前々夜祭も!?大曲の花火が、100周年ということでイベントが計画されているそうです。前夜祭と前々夜祭。詳しい情報はが.....

大曲の花火のチケット入手@2010!販売方法が安定か!
2010年は昨年と同じ方式2010年のチケット販売の方法は、2009年とほぼ同じで抽選が基本。方法は3つ。(1)抽選会場に行く(2)電.....

桟敷席・有料席@大曲の花火
大曲の花火を桟敷で大曲の花火を楽しむ上で、当たり前ですが、桟敷が一番よい場所です。桟敷は観覧席とも呼ばれて、観覧席券を、.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved