持ち物選びのポイント@大曲の花火 について


とにかく歩く

大曲の花火を会場またその周辺で観覧するなら、「長い距離を歩く」ということを忘れてはいけません。

(もちろん、どれほど長く歩くことになっても、「大曲の花火」には、それだけの価値が十分あります!)

もし電車で大曲に来るのであれば、大曲駅と花火大会会場の往復を歩くことになります。 だいたい、片道20~30分くらいです。

もし自動車で大曲に来るのであれば、駐車場と花火大会会場の往復を歩くことになります。 歩く距離や時間は、駐車場によって異なりますが、遠い駐車場だと1~2時間、若しくはそれ以上歩くことになります。
(花火大会近くに駐車できた場合は、歩く距離は短いですが、交通規制と渋滞で、帰りは車の中で身動きが取れない状態になる場合が多いです。)

持ち物は厳選

持ち物が多いと持ち運びだけで疲れかねません。 できるだけ持ち物は厳選して最小限にしましょう。

距離を歩くこともそうですが、会場付近では混み合いますので、荷物が大きいと移動も大変です。

雨の日でも大曲の花火は中止しません。 雨が予想される場合にはレインコートの準備も必要となりますし、雨の中の移動は何かと大変ですので、ますます持ち物は選びたいですね。

リュックが便利

バッグはリュックサックなどのタイプが便利です。 疲れにくいですし、両手がフリーなのが、ガイド・地図の確認にも、お買い物にも便利ですね。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




準備心得@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

大曲の花火バスツアーで!
手軽・リーズナブルのバスツアー@大曲の花火大曲の花火、初めての人にも、常連さんにもバスツアーが喜ばれてます。もともとは人の多く.....

大曲の花火大会ツアー@静岡発着なら
静岡発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万人が集まるという非常に特殊な観光スポッ.....

大曲の花火大会ツアー@大阪発着・関西発着なら
大阪・関西発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万.....

大曲の花火まで待ち時間も有意義に@花火セミナー
花火鑑賞士による花火セミナー@大曲の花火当日大曲の花火は、できるだけ早く大曲に来るのが混雑を避けるコツ。とはいえ大曲に早く着いたところ.....

2006年は祝80回記念@大曲の花火
大曲の花火も祝80回2006年の大曲の花火は、祝80回目ということで、開始早々7号玉80発打ち上げられました。空もまだやや明るいうちからの連発の花火。 最.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved