大曲の花火の観覧スポット について


大曲の花火は、ココで見よう!

あたりまえですが、大曲の花火を一番良く見られる場所は、有料の桟敷席や観覧席ですね。

でも、それ以外にも無料で十分楽しめる場所があります。 つまり穴場ですね。^^

有料の観覧席のチケットは結構入手が難しいので、がんばっても手に入らないことがあります。

でもチケットが手に入らなくても、あきらめるのは早いです。

事前の少しの予習と、当日早めの大曲入りで、楽しめて・快適に過ごせる観覧スポットを見つけましょう。

観覧スポット

有料の桟敷席や観覧席のポイント

有料の観覧席には、「A席」と呼ばれる「一番近くで花火を見られる桟敷席」と、A席や露店などの背後になる堤防の斜面上に設置された「C席」が主なところです。

「A席(桟敷席)」は花火を一番近くで見られますし、対岸に設置された、しかけ花火を見られるのは「A席」だけです。

ナイアガラも「A席」の陰になるのでそれ以外の場所では満足に見るのは難しいでしょう。

でもね。写真を撮ろうとすると、メインの大会提供花火などは、近すぎてフレームに納まらないかも。 広角カメラがどこまでがんばれるか?

狭さや周りを考えると、三脚は設置しずらいかなぁ・・・

A席の特徴

「C席(堤防斜面の席)」はカメラマンには最適の場所でしょう。 でもなぁ。仕掛け花火やナイアガラは「A席」の陰になるため見る事が難しいかな。。。

といっても、仕掛け花火やナイアガラ以外にも見所たっぷりの花火大会なので、それほど大きな問題じゃないですね。

無料の観覧スポットいろいろ

【朝一から会場に入れるなら!】
 「A席(桟敷席)」の背後のスペースがベストでしょう。 でもね。ココは人気スポットなので、競争率の非常に高い場所。かなり早い時間から場所取りが必要です。
 露店が近いのは便利ですが、確保できるスペースが狭く、観覧中の移動も結構大変かもしれません。
 
 数年前に比べると「A席(桟敷席)」の範囲が拡大したり、堤防斜面が「C席」などとして有料化されたので、実はこの無料のスペースは前より狭くなりました。 その分、競争率は以前よりアップしてるでしょうね。

観覧スポット

【堤防の上では観覧できない】
 何年か前なら堤防の上でも、普通にかなりの人が観覧してました。 ところが・・・今は緊急車両の交通確保が大事なので、堤防の上は立ち止まることさえ許されてないです。残念。 堤防の上は通り過ぎるだけ。^^;

【建物・木・電柱を避けられる場所選び】
 堤防から川側は、「A席(桟敷席)」の背後のスペース確保に失敗したら、ゆっくり観覧できる場所はないです。 通路に立ち止まったら迷惑ですし、通路にはみ出して座ってると警備員の人に注意・指導されるのでした(経験済っ)。
 ですので、堤防より街側でも場所探しが始まります。 例えばね。空き地や道路、支川の堤防斜面などなど。 比較的見やすいところは、早い者勝ちでどんどん陣取られてしまいます。
 「もっと良い場所を・・・」と探しているうちに、他の人に場所を取られてしまったり・・・・ぶっつけ本番では見極めが難しいかな。
 もし確保した場所が会場近くなら、大会提供花火だけは河川敷まで出かけて見るという手もあります。 少しの距離の違いでも迫力は全然違いますよ。

近くの空き地にて

【思いっきり離れるのも一つの手】
 例えばね。国道13号線くらいまで離れると、人ごみを避けながらゆっくり観覧できるスポットがあります。
 近くで見るほどの迫力はないですが、かなり楽しめるでしょう。


花火写真

大曲の花火で、観覧スポットとなる場所を、これまでの大曲の花火大会の観覧の経験から、紹介していきま~すっ。

「旅なら阪急交通社」国内・海外旅行/宿泊予約
↑ 大曲の花火も、東北の観光も、実は人気の「阪急交通社」安くて便利(クリック) ↑




観覧スポットと注意点@大曲の花火


ピックアップ情報@大曲の花火

キャンプ組に好まれる場所@大曲の花火
支川・丸子川の対岸から@大曲の花火大曲の花火大会の会場は、雄物川の河川敷ですが、その近くに、雄物川と合流する支川・丸子川(まるこがわ)が流れ.....

服装@大曲の花火
ポイントは「歩ける」&「寒さ対策」「末とはいえ8月だし、日中も汗をかくほど暑かったし、きっと暑いだろう!」.....

大曲の花火バスツアーで!
手軽・リーズナブルのバスツアー@大曲の花火大曲の花火、初めての人にも、常連さんにもバスツアーが喜ばれてます。もともとは人の多く.....

大曲の花火大会ツアー@静岡発着なら
静岡発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万人が集まるという非常に特殊な観光スポッ.....

大曲の花火大会ツアー@大阪発着・関西発着なら
大阪・関西発着「大曲の花火」ならやっぱりツアー!大曲の花火は、普段人が多くない大曲に、花火大会のたった1夜に数十万.....

Copyright © 2007 大曲の花火@地元大曲人による大曲の花火の情報. All rights reserved